HIKARI ICHIHARA
hikariichihara10psd
ABOUT
english below

市原ひかり (Trumpet / Flugelhorn / )

1982年、東京都出身。成蹊学園小、中、高校を卒業。中学入学と同時に吹奏楽部でトランペットを始める。

その後、洗足学園音楽大学のジャズ・コースに進学し、ジャズ・トランペットの基礎を学ぶ。ジャズトランペッター原朋直氏に師事。

2005年、ポニーキャニオンよりアルバム『一番の幸せ』でメジャーデビュー。自らのオリジナル曲を中心にしたポップな仕上がりが評価される。

2006年、ニューヨークにてレコーディングを行った2ndアルバム『Sara Smile』をリリース。スイングジャーナル誌のゴールド・ディスクを受賞。同時に、第40回ジャズ・ディスク大賞のニュー・スター賞も受賞する。

2007年5月、2枚目に続くニューヨーク・レコーディングよる3rdアルバム『スターダスト』リリース。ジョージ・ムラーツbs、ビクター・ルイスdrs等、当代屈指の名手たちと収録。すべてが市原ひかり自身のオリジナルアレンジによるもので、前作に続きスイングジャーナル誌のゴールド・ディスクを受賞。2008年、スイングジャーナル誌第58回日本ジャズメン読者人気投票トランペット部門で第2位を獲得。

2008年11月、通算4枚目となるリーダーアルバム『JOY』をリリース。今作は初のセルフプロデュース によるもので、収録曲半数で5管を起用。ホーンアレンジも自ら行う。同年NHK「トップランナー」にゲストアーティストとして出演。

また前年に続き2009年、スイングジャーナル誌第59回日本ジャズメン読者人気投票トラ ンペット部門で第2位を獲得。

2010年3月引き続きポニーキャニオンから自身5枚目のアルバム『Move On』を『市原ひかりグループ』名義でリリース。メンバーは浅井良将(as)、堀秀彰(pf)、中林薫平(bs)、安藤正則(drs)。

2011年6月同メンバーによる『市原ひかりグループ』2ndアルバム『UNITY』をリリース。

2012年11月ピアニスト佐藤浩一とのデュオアルバム『Precioso』をリリース。

2014年10月、新グループ(宮川純pf/key、清水昭好bs、横山和明drs)でレコーディングした『Dear Gatsby』をリリース。S・フィッツジェラルドの不朽の名作「華麗なるギャツビー」を題材に楽曲を書き下ろし、朗読でアルトサックス奏者デイビッド・ネグレテが参加。

自己のグループの他に、土岐英史asクインテット/セクステット(6/6)、秋山一将バンド、増原巌トリオ他多くのバンドに参加。ポップミュージックにおいては、山下達郎、竹内まりや、土岐麻子等のレコーディングにも参加している。

本格的なパフォーマンスと、女性ならではの感性をそなえたジャズ・トランペッターである。

HIKARI ICHIHARA (Trumpet/Flugelhorn/Composer)
m12 m11 m10 m9 m8 m7 m6